全国統一防火標語:火の用心 ことばを形に 習慣に

消火器についての注意

消火器を備えよう

いざというときのために、消火器の種類や正しい使い方を覚えておきましょう。

消火器の種類

  消火器に貼ってあるラベルが適応する火災の種類を示しています
消火器の種類

A 一般火災(普通)

 

B 油火災 

C 電気火災

木材・紙・布などが燃える火災用 灯油・ガソリンなどが燃える火災用 電気設備などが燃える火災用
粉末消火器
強化液消火器
泡消火器 ×

家庭には住宅用消火器を

消防庁では、平成13年11月6日付け「消火器等推奨基準」を策定し、住宅にすんでいる人や用途によって望ましい消火器を

以下の表に示しました。

消火器等推奨基準

居住者の区分 台所 居間等
通常の体力のある者のみが居住する住宅の場合 住宅用消火器(液体系) 住宅用消火器
比較的体力のない高齢者等と通常の体力のある者が居住する住宅の場合 エアゾール式簡易消火具(液体系) ※通常の体力のある者が使用する住宅用消火器(液体系)も併せて設置することが望ましい エアゾール式簡易消火具 ※通常の体力のある者が使用する住宅用消火器も併せて設置することが望ましい
比較的体力のない高齢者のみが住居する住宅の場合 エアゾール式簡易消火具(液体系) エアゾール式簡易消火具

※居間等においてエアゾール式簡易消火具を設置する場合には、くずかご、カーテン及びクッション火災に有効に消火でき、かつ、電気火災に適応できるものとする。なお、石油ストーブを使用する場合には、ストーブ火災を有効に消火できるものとする。
※粉末消火剤を放射する住宅用消火器・エアゾール式簡易消火具にあっては放射による視認性の低下を考慮する必要がある

 

ヤマトプロテック製「エアゾール式簡易消火具」の製品事故について

 既に一部報道及び、新聞公告等に掲載されておりますが、株式会社ヤマトプロテック製のエアゾール式簡易消火具の一部製品について、液漏れや、亀裂・破裂の恐れがあることから、ヤマトプロテック社より自主回収と無償交換のお願いが発表されております。対象の商品及び対応方法については下記をご参照のうえ、所有されている方は、ヤマトプロテック社へご連絡くださいますようお願い申し上げます。

 「エアゾール式簡易消火具」の製品事故の状況

 「エアゾール式簡易消火具」をお持ちのお客様へ(自主回収対象商品の廃棄処分のお願い)

消火器の正しい使い方

粉末消火器・強化液消火器の場合

粉末消火器・強化液消火器の場合

 

安全ピンに指をかけ上に引き抜く。
安全ピンに指をかけ上に引き抜く。 

 

ホースをはずして火元に向ける。ホースをはずして火元に向ける。

 

レバーを強く握って噴射する。
レバーを強く握って噴射する。

 

消火器のかまえかた

  • 風上に回り風上から消す。
  • やや腰を落として姿勢をなるべく低く。熱や炎を避けるように構える。
  • 火炎にはまともに正対しないように。
  • 燃え上がる炎や煙にまどわされずに火元にノズルを向け、火の根元を掃くように左右に振る。

消火器のかまえかた

このページのトップへ