全国統一防火標語:忘れてない? サイフにスマホに 火の確認

小規模飲食店等にも、消火器具設置が義務になります!

改正の背景

これまで消防法で消火器具が必要な飲食店等は、延べ面積が150㎡以上の規模となっていました。平成28年12月、当時消火器具設置義務のなかった小規模飲食店からの火災により拡大した『糸魚川市大規模火災』の教訓を踏まえ、小規模飲食店等における初期消火と火災の拡大の防止を図る必要があることから、消火設備の設置基準について、見直されました。

 

改正の概要

延べ面積150㎡未満の火を使用する設備又は器具(防火上有効な措置として総務省令で定める措置が講じられたものを除く。)を設けた小規模飲食店等についても消火器具の設置が義務付けられます。

※防火上有効な措置として総務省令で定める措置については、リーフレットに掲載しています。

施行期日

平成31年10月1日から施行され、小規模飲食店等に消火器具の設置が義務になります。

 

リーフレット

下図をクリックすると拡大表示されます。

 

お願い

現在、消防職員が新たに消火器具が必要と思われる飲食店等を現地調査しています。その際、消火器具設置の要否等を調査するため、飲食店等の面積計測等を行いますので、ご協力をよろしくお願いします。

 

問合せ先

予防指導課      072-852-9912

地域防災向上センタ- 072-852-9920

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ