全国統一防火標語:忘れてない? サイフにスマホに 火の確認

スプレー缶の取扱いに注意して下さい

平成30年12月16日に札幌市でスプレー缶が原因とみられる爆発事故が発生しました。これを受けまして、下記を参照にスプレー缶の取扱いには、十分ご注意して下さい。

スプレー缶による火災

スプレー缶による火災や事故は、使用中に引火して起こる火災、ガス抜き作業中に引火して起こる火災、ファンヒーターの前などにスプレー缶を置いたため熱せられて爆発する事故、スプレー缶を誤って焼却したために破裂する事故など、様々な状況下で発生しています。

注意点

・スプレー缶に表示された注意書きをよく読む

・炎や火気の近くで使用しない

・使用後の火気取扱いに注意する

・火気を使用している室内で多量に使用しない

・狭い空間や密閉された空間での使用を控える

・温度が40度以上になるところに置かない

・使用後は各自治体の指定する方法(下記参照)により廃棄してください

※ 【枚方市の廃棄方法】

※ 【寝屋川市の廃棄方法】

このページのトップへ