全国統一防火標語:おうち時間 家族で点検 火の始末

寝屋川消防署長より感謝状を贈呈します

寝屋川市内での事故において、救急隊が現場に到着するまでの間、たまたま居合わせた方(バイスタンダー)が迅速・的確な通報と応急手当を実施されたことにより、傷病者の尊い命が救われました。

この勇気ある行動と連携に対して、寝屋川消防署長から感謝状を贈呈します。

感謝状贈呈式

令和3年3月24日(水)15時30分から

実施場所

寝屋川消防署4階研修室(寝屋川市池田2丁目11-73)

被表彰者

小薗 晶一  様(26歳・男性)

遠藤 愛奈  様(23歳・女性)

功績概要

令和3年2月23日(土)、寝屋川市内でバイクから転倒し頭部を打ち、心肺停止状態となった傷病者に被表彰者のお二人が駆け寄りました。

小薗さんが傷病者に呼びかけても反応がないため、傷病者のヘルメットを取り外して観察すると意識を失っていましたので、遠藤さんが直ちに119番通報し救急要請しました。

また、小薗さんは傷病者の気道確保を実施しながら、消防隊・救急隊が到着までの間傷病者に呼びかけを続け、消防隊・救急隊に引き継ぎました。

なお、傷病者は救急隊によって病院搬送され、後日軽快退院し、社会復帰されています。

広報資料

お問い合わせ先

寝屋川消防署警備課
電話 072−852−9952


このページのトップへ