全国統一防火標語:おうち時間 家族で点検 火の始末

破裂危険のあるエアゾール式簡易消火具の適正な廃棄方法について

ご自宅などに以下に該当するエアゾール式簡易消火具はありませんか?

1 破裂危険のある対象製品

ヤマトプロテック株式会社製の「ヤマトボーイKT」及び「FMボーイk」のうち以下の製造ロット番号に該当するもの

ヤマトボーイKT KO331・KN326・KD317・K1426・K2407・K2420・K3407

K3419・K4422・K7424

FMボーイk KN301・KN322・KD319・K1425・K2421・K3406・K3418

K4423・K7425

※製造ロット番号は缶底に記載されています。

 2 廃棄処分方法

該当するエアゾール式簡易消火具があった場合は、次の手順に従って廃棄してください。

①中身の消火薬剤をバケツなどに全量放射し、残りのガスも完全に抜いてください。

②放出した消火薬剤を下水に流してください。※消火薬剤は、水を主成分とした洗剤に近い成分となっています。

③空になった容器は、各自治体のルールに従って処分してください。

枚方市は他の缶と同様に廃棄してください。

寝屋川市は公民館等に設置されている専用の回収かごに廃棄してください。

※ご自身で上記の廃棄処分が困難な場合は、こちらへお問い合わせをお願いします。

ヤマトプロテック株式会社 お客様相談窓口 ☎0120-801-084

3 事故原因

破裂事故は、気温の上昇とともに増加傾向となります!!

①中身の消火薬剤により、アルミニウム製容器の内面が腐食

②容器板厚が薄くなるとともに、腐食反応により水素ガスが発生

③容器の内圧が高まり破裂

 

 

 

 

 

※画像をクリックするとPDFデータが表示されます。

 

エアゾール自主回収・廃棄処分について|お詫びとお願い|ヤマトプロテック株式会社 (yamatoprotec.co.jp)

エアゾール式簡易消火具は、ご家庭で発生する火災の初期段階の消火に非常に効果的です。

ご自宅に置いてあるエアゾール式簡易消火具を今一度確認していただき、使用期限が過ぎておりましたら取り換えの検討をよろしくお願いします。

 

お問い合わせ

予防部予防指導課 ☎072-852-9912

 

 

このページのトップへ