全国統一防火標語:お出かけは マスク戸締り 火の用心

救急出動件数が4万件を超えました

令和4年の救急出場件数については、11月17日にこれまでの最高件数3万7,927件を上回り、12月4日(日)に4万件を超えました

この冬は、新型コロナウイルス感染症の第8波とインフルエンザの同時流行についても危惧されるところですので、引き続き、感染防止対策と救急車の適正利用についてご協力をお願いします。

救急出動件数について

過去10年間の救急出動件数の推移をみると、右肩上がりで増加しており、令和元年(2019年)には過去最高件数の3万7,927件となりました。

令和2年(2020年)には、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、社会・経済活動が大きく制限されたことなど、救急出動件数は減少しましたが、令和3年(2021年)には再び増加し、令和4年(2022年)は11月17日に過去最高件数を更新し12月4日に4万件を超えました

令和4年救急概況(速報値)について

令和4年1月1日から11月30日までの救急出動件数は39,553件で、昨年同時期と比較して7,015件(21.6%)増加しています。また、救急搬送人員は34,438人で、昨年同時期と比較して5,479人(18.9%)増加しています。別紙1参照 救急出動件数を月ごとにみると、新型コロナの第7波の影響や今夏の猛暑が影響によって、7月と8月に救急出動件数が大きく増加しました

今冬の注意ポイントと消防からのお願い

この冬は、新型コロナウイルス感染症の第8波とインフルエンザの同時流行についても危惧されるところですので、引き続き、感染防止対策と救急車の適正利用についてご協力をお願いします。別紙2参照

広報資料

お問い合わせ先

警防部救急課
電話:072-852-9918


PDFファイルの閲覧には Adobe 社のサイトからAdobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページのトップへ