全国統一防火標語:火を消して 不安を消して つなぐ未来

救命の連鎖で救われた尊い命 ~寝屋川消防署長から感謝状を贈呈します~

寝屋川消防署管内の飲食店で発生した救急事案に対し、従業員と駆け付けた市民が協力し、通報・応急処置を実施し、尊い命が救われたことに対して、寝屋川消防署長から感謝状を贈呈します。

実施日

令和5年3月13日(月)14時00分から

実施場所

寝屋川消防署4階研修室(寝屋川市池田2丁目11番73号)

感謝状を受ける方

倉橋 達治 (くらはし たつじ)様
倉橋 直美 (くらはし なおみ)様
米田 珠恵 (よねだ  たまえ)様

概要

令和4年12月31日(土)13時頃、寝屋川市内の飲食店で食事をしていた男性が、突然倒れ、その知らせを受けた店主の倉橋達治様が、迅速に119番通報し、倒れられた方の状況を的確に伝えました。店員の倉橋直美様は、京阪寝屋川市駅にAEDが設置されていることを以前から知っていたため、すぐさま駅にAEDを取りに向かいました。
その途中、たまたま通りかかった知人の米田様に状況を説明し、救命処置の応援を依頼しました。
米田様は、店内で男性に胸骨圧迫を実施し、倉橋直美様が持参したAEDのパットを装着しました。それと同時に救急隊が現場到着したため、早期に電気ショックに繋げることができました。
救急隊によって病院へ搬送され、入院治療によって令和5年1月23日に無事退院し、社会復帰されました。

広報資料

お問合せ先

寝屋川消防署 警備課
電話 072-852-9952

このページのトップへ