全国統一防火標語:火を消して 不安を消して つなぐ未来

平成30年7月豪雨から5年 土砂災害対応訓練を実施

6月は土砂災害防止月間です。そして、平成30年7月豪雨からまもなく5年を迎えます。この災害では土砂災害が複数発生し、甚大な被害をもたらし、多くの尊い命が奪われました。

本消防組合では過去の災害を風化させず、日頃から土砂災害に備え、隊員の知識・技術の向上に努めています。そこで、枚方消防署では4月からこれまで土砂災害の訓練を重ね、その集大成とし土砂災害訓練場を使用し、実災害を想定した本格的な訓練を実施します。

訓練実施日時

令和5年6月26日(月)10時00分~12時00分

訓練実施場所

枚方市出口2丁目30-1

枚方市し尿処理淀川衛生事業所

枚方寝屋川土砂災害訓練場

訓練参加隊員

消防隊・救助隊・救急隊 計50名程度

訓練内容について

台風や集中豪雨により、土砂崩れが発生、家屋が土砂にのまれたとの想定で訓練を開始。土砂に埋まった家屋から要救助者を救出する本格的な訓練をします。

また、上空ではドローンを使用し空撮による情報収集を行い、地上の隊員と連携した活動を実施します。

市民の皆さまへ

今回実施する土砂災害対応訓練は、市民の皆さまに一般公開します。隊員の活動を間近で見学しませんか。是非、お越しください。

※ 駐車場は、ございません。公共交通機関でお越しください。駐輪場はあります。来られる際は、交通事故に十分ご注意ください。

広報資料

お問い合わせ先

枚方消防署
電話072−852−9932

企画戦略課(広報)
電話072-852-9906

このページのトップへ