全国統一防火標語:火を消して 不安を消して つなぐ未来

令和5年消防統計

本消防組合における、令和5年(1月から12月まで)の消防統計の速報値を取りまとめましたので、その概要を公表します。

1 119番通報について(※交野市を含む)

枚方寝屋川消防組合・交野市消防指令センター全体の119番通報件数は78, 378件で、前年(72,576件)より5,802件増加し、過去最多となりました。

2 火災について

火災件数は165件(枚方市98件、寝屋川市67件)で、前年(170件)より5件減少しました。この件数は、過去10年間で一番多かった平成26年の193件と比べると28件減少となります。

火災による死者は9人(枚方市7人、寝屋川市2人)で、前年(3人)より6人 増加しています。

出火原因は「こんろ」が30件で第1位となり、「放火(疑い含む)」及び「電気関係」が29件で第2位でした。

3 救急について

救急出動件数は45,714件で、前年(43,936件)より1,778件増加し、過去最多となりました。

また、救急搬送人員は39,969人で、前年(38,169人)より1,800 人増加し、過去最多となりました。

4 救助について

救助出動件数は327 件で、前年(311件)より16 件増加しています。

※詳細は広報資料をご覧ください。


PDFファイルの閲覧には Adobe 社のサイトからAdobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページのトップへ