全国統一防火標語:ひとつずつ いいね!で確認 火の用心

情報公開制度

情報公開制度

情報公開制度は、職員が職務上作成し、又は取得した情報(公文書)を市民の皆さんに公開することにより、消防行政に対する理解と信頼を深め、市民参加の開かれた消防行政を目指すものです。公開を希望する公文書の特定のため、わかりやすく説明及び助言する制度も設けています。

情報公開を請求するには

請求ができる人

  1. 枚方市及び寝屋川市の市域内(以下「管轄市内」といいます。)に住所を有する人
  2. 管轄市内に事務所か事業所を有する個人か法人、その他の団体
  3. 管轄市内の事務所か事業所に勤務する人
  4. 管轄市内の学校に在学する人
  5. 枚方市又は寝屋川市の市税の納税義務を有する人
  6. 実施機関の事務事業に利害関係を有する人

※ 上記請求権者以外の人から、情報の公開の申出があった場合でも公開に努めます。

制度を実施する機関

管理者、公平委員会、監査委員及び議会の議長

対象となる情報

実施機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画又は電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録)で、当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、当該実施機関が保有している公文書に記載され、又は記録されている情報。

請求の方法

請求は、消防本部4階の情報公開コーナー窓口で、所定の請求書に住所・氏名・請求したい情報の内容(公文書名等)を記入し、提出してください。
なお、口頭又は電話での請求はできません。

公開の決定

請求書が情報公開コーナに到達した日から起算して15日以内(やむを得ない理由がある場合は45日以内)に公開するかどうか決定し、通知します。

公開できない情報

消防組合が保有する情報(公文書)は、すべて公開することを原則としています。
しかし、プライバシーや公共の利益の保護のため、次の情報が記録されている公文書は公開できない場合があります。

  1. 特定の個人が識別され得る情報
  2. 法令等の定めで公開できない情報
  3. 法人等の利益が損なわれる情報
  4. 公開しない約束の下に提供された情報
  5. 事務事業の意思形成過程に著しい支障が生じる情報
  6. 事務事業の適正かつ公正な執行を著しく妨げる情報
  7. 公共の安全と秩序の維持に支障が生じる情報

公開の方法

決定通知書により指定した日時・場所において公文書の閲覧、その写しの交付を行います。

費用の負担

情報公開請求に係る手数料は無料ですが、その写しの作成や郵送を希望する場合は、請求者の負担となります。また、情報公開申出については、1件につき300円の手数料をいただきます。

決定に不服があるとき

請求された公文書を公開しないときはその理由をお知らせしますが、決定に不服がある場合は、実施機関に対し審査請求を提起することができます。審査請求があったときは、実施機関は、情報公開・個人情報保護審査会(学識経験者など第三者で構成)に諮問し、その答申を尊重して審査請求に対する決定を行います。

平成30年度情報公開制度の運用状況

このページのトップへ