全国統一防火標語:火の用心 ことばを形に 習慣に

地震のときは

家族を守る地震の心得10カ条

もし阪神・淡路大震災のような大地震が再び襲ってきたら・・・・・・。
いざというとき的確に対処できるように、「地震の心得10か条」をしっかり覚えておきましょう。

地震が起きたら、まず第一に身の安全を確保するまず我が身の安全を図れ

  • なによりも大切なのは命。地震が起きたら、まず第一に身の安全を確保する。
 
 

すばやく火の始末すばやく火の始末

  • ~あわてず、さわがず冷静に~
  • 「火を消せ!」とみんなで声をかけ合い、調理器具や暖房器具などの火を確実に消す。
 

非常脱出口を確保する非常脱出口を確保する

  • とくに鉄筋コンクリートの建物内にいるときは、閉めたままだと建物がゆがみ、出入口が開かなくなることがある。

火が出たらまず消火火が出たらまず消火

  • 「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも協力を求め初期消火に努める。
 
 

外に逃げるときはあわてずに外に逃げるときはあわてずに

  • 外に逃げるときは、瓦やガラスなどの落下物に注意し、落ち着いた行動を。 
 
 

狭い路地、塀ぎわ、がけや川べりに近寄らない狭い路地、塀ぎわ、がけや川べりに近寄らない

  • ブロック塀、門柱・自動販売機などは倒れやすいので要注意。
 
   
  

山崩れ、がけ崩れ、津波に注意する山崩れ、がけ崩れ、津波に注意する

  • 山間部や海岸地帯で地震を感じたら、早めの避難態勢を。 

 

 

避難は徒歩で、持物は最小限にする避難は徒歩で、持物は最小限にする

  • 指定された避難場所に徒歩で避難を。車やオートバイは使わない。
 
 

みんなが協力し合って応急救護みんなが協力し合って応急救護

  • お年寄りや身体の不自由な人、ケガ人などに声をかけ、みんなで助け合う。
 

正しい情報をつかみ、余震を恐れるな正しい情報をつかみ、余震を恐れるな

  • うわさやデマに振り回されない。ラジオやテレビで正しい情報を。
 
(防災白書などによる)

家族防災会議を開こう

いざというとき、家族の一人ひとりがどのように行動すべきか、話し合いの場を持ったことがありますか。災害時の家族の集合場所や連絡方法、非常持出品などについて、家族で防災会議を開いてしっかりと確認しておきましょう。

地震だ!そのときあなたは

地震だ、そのときあなたは 屋内編
阪神・淡路大震災のような大地震のときは、必ずしも今までの常識が通用するとはいえません。落ち着いて、臨機応変に対処することが重要です。

木造住宅

  • 揺れを感じたら、つぶれやすい大きな部屋を避け、柱が多く壁に囲まれた部屋へ避難する。
  • テーブルなどの下にもぐり、座布団など手近なもので頭を保護する。
  • 火の始末はすみやかに(コンセントやガスの元栓の処置も忘れずに)。
  • 乳幼児や病人、お年寄りなどの災害弱者の安全確保を。
  • 外へ逃げるときは、瓦やガラスなどの落下物に注意し、落ち着いた行動を。
  • 裸足で歩き回らない(ガラスの破片などで怪我をする)。
地震だ、そのときあなたは 木造住宅

高層住宅

  • ドアや窓を開けて避難口を確保する。
  • 避難にエレベーターは絶対に使わない。炎と煙に巻き込まれないように階段を使って避難する。
地震だ、そのときあなたは 高層住宅

デパート・スーパー

  • カバンなどで頭を保護し、ショーウィンドーや商品などから離れる。柱や壁に身を寄せ、係員の指示を聞き、落ち着いた行動を。パニックなどの人災を避ける。
地震だ、そのときあなたは デパート・スーパー

劇場・ホール

  • カバンなどで頭を保護し、座席の間に身を隠す。あわてて出口に殺到せず、係員の指示に従い冷静な行動を。
地震だ、そのときあなたは 劇場・ホール

エレベーター

  • 最寄りの階で止めて降りる。万一ドアが開かないときでも、脱出口から出ないで外部と連絡をとり救助を待つ。

飲食店

  • テーブルなどの下にもぐり、カバンなどで頭を保護する。窓際の席にいるときは、ガラスの破片が飛び散る危険があるので、中央か出口付近へ移動する。
  • 焼き肉などでテーブルの上で火を使っている場合は、すみやかに火を消す。

ホテル・旅館

  • 宿泊のときに、避難経路や非常階段などを確認しておく。避難するときは、従業員や館内放送の指示に従う。

野球場・競技場

  • 比較的安全な場所なので、あわてないこと。出口へ殺到すると、パニックになる。
  • 混雑する出口よりも、グラウンドの中央付近に避難するほうが安全。子供連れの場合は、はぐれないように、抱き上げるか手を握るなどでしっかり保護する。

地震だ!そのときあなたは

地震だ、そのときあなたは 屋外編
外にいるとき地震が起こったら、落下物や倒壊物などから身を守るために、空き地などへすばやく避難を。

路上

  • その場に立ち止まらず、窓ガラス・看板などの落下物から頭をカバンなどで保護し、空き地や公園などに避難する。
  • 近くに空き地などのないときは、周囲の状況を冷静に判断して、両側の建物から離れた歩道の中央など、安全性の高い場所へ移動する。
  • ブロック塀や自動販売機などには近づかない。
地震だ、そのときあなたは 路上

地下街

  • カバンなどで頭を保護し、天井からの落下物や横からの転倒物のない壁際に身を寄せる。
  • 地下街は耐震構造になっていて防災設備も整っている。出口も60mおきにある。地下街などの閉鎖的な空間では、パニックなどの混乱が最も危険。冷静さを失わずに、しっかりとした行動を。
 

車を運転中

  • ハンドルをしっかりと握り、徐々にスピードを落とし、道路の左側に止め、エンジンを切る。
  • 揺れがおさまるまで冷静に周囲の状況を確認して、カーラジオで情報を収集する。
  • 避難が必要なときは、キーはつけたまま、ドアロックもしない。車検証などの貴重品を忘れずに持ち出し、徒歩で避難を。
地震だ、そのときあなたは 車を運転中

電車や地下鉄・駅で

  • 車内では、吊り革や手すりに両手でしっかりつかまる。座っているときは、カバンなどで頭を保護し、上体を前かがみにして、足に力を入れてふんばる。
  • 途中で停車しても、非常コックを開けて勝手に車外へ出たり、窓から飛び出したりしない。
  • ホームでは、倒壊や落下のおそれのある時刻表示板や自動販売機などから離れ、柱につかまったりうずくまって頭を守る。
  • 係員の指示に従って落ち着いた行動を。
地震だ、そのときあなたは 電車や地下鉄・駅で

バスに乗車中

  • 吊り革や手すりにしっかりつかまる。座っているときは、前の座席の背もたれをしっかりつかむ。勝手な行動をせず、運転手の指示に従う。
  • 火災が発生するなどで脱出するとき、もしドアが開かなければ、車内の非常コックを使ってドアを開ける。車外へ避難するときは他の車に注意する。

タクシーに乗車中

  • 体を座席に深くうずめ、前の席の背もたれなどにしっかりつかまり、足をふんばる。
  • あわてて外に飛び出すと、他の車や落下物などで危険。運転手の指示に従って冷静に行動を。

海岸・がけ付近

  • 海岸の場合は、海岸から離れた高台へすぐに避難し、津波情報をよく聞く。注意報・警報が解除されるまでは、絶対に高台から低地へ降りたり、海岸へ近づいたりしない。
  • がけ付近では、すぐにがけから離れる。周囲の状況をよく確認して、土砂崩れやがけの崩落の影響がない場所まで避難を。
地震だ、そのときあなたは 海岸がけ付近

このページのトップへ