全国統一防火標語:消しましょう その火 その時 その場所で

119番通報

119番通報の中には、「火事だ!早く来て!」“ガチャン”といったものがあります。 これでは、災害現場が判らないため、消防車や救急車がその場所に行くことができず、被害も大きくなるばかりです。次の要領で、早くて正確な「119番通報」 に心掛けてください。

火事のとき あわてずに落ちついて119

消防車を呼ぶときは、あわてず、落ちついて次のことをはっきり伝えましょう。

場所はどこですか

「○○市○○町○○番○○号、○○マンションのX階です。◇◇です。」
共同住宅の場合はマンション名や世帯主名など詳しく。

場所の目安となる目標物

「○○交差点の東角です。」
サイレンが聞こえましたら、誘導に出てください。

火災の状況を詳しく

「天ぷらをしていて火が換気扇にまで燃え移りました。家の中は私だけです。」
何がどれくらい燃えているのか、逃げ遅れた人がいないかなど。

通報者の氏名と電話番号

「私は、消防太郎です。電話番号は888-8888です。」

救急車を呼ぶとき

急病人や事故によるけがなどで救急車を呼ぶときは、あわてず、落ちついて次のことをはっきりと伝えてください。

急病か事故か

「交通事故です。大型トラックと普通乗用車の接触で、普通乗用車に一人閉じ込められています。」
できるだけ内容を具体的に言って下さい。

住所と名前、所在地(事故現場)の場所を詳しく

「○○市○○町、1号線の○○交差点です。」
サイレンが聞こえましたら、誘導に出てください。

病気、けがの様子

「助手席の人が額から出血しているようです。」

患者の年齢や性別

「50才くらいの男の人です。」

あなたの名前、お使いの電話番号

「私は、消防太郎です。電話番号は888-8888です。」
(出動隊に出動指令をかけた後、状況を確認するために電話をする場合があります。)

救急車が到着するまでは安静にさせ、必要なときは心臓マッサージ、止血などの応急手当をしてください。

119番通報で大切なこと5点

火災・救急の別

「火事です。」又は「救急です。」とはっきり言うこと。

場所

住所は正しく、詳しく言うこと。 目印になる建物の名前なども言い、わかりやすく場所を伝えること。

火災・事故等の状況

火災・事故等の状況を正確にわかりやすく言うこと。

通報者の氏名・連絡先

「私は、消防太郎です。電話番号は888-8888です。携帯電話から電話しています。」
と通報者を明らかにし、特に携帯電話等からの通報の場合はその旨を伝えること。

携帯電話等による通報の場合

携帯電話からの119番通報

消防本部の管轄の境界で携帯電話から119番等通報した場合、他の消防本部につながる場合がありますが、管轄の消防本部に転送されますので、しばらくお待ちください。

携帯電話からの通報の場合、通報者が今いる場所がわからない場合が多く、災害発生場所を聴取するのに時間がかかる傾向があります。
このことから、携帯電話から通報する場合は、付近の目標となる建物や住居表示板等に表示されている所在を確認して通報して下さい。

携帯電話から通報するときのポイント

  • 局番なしの119
  • 携帯電話であることを告げる
  • 電話を切っても通話できる状態にしておく。
    (消防本部等から、確認のため電話をかけなおすことがあります。)
  • 自分の携帯電話の番号を正しく言えるようにしておく。
  • 車などで移動中の場合は、安全な場所に止まってから通報する。

各種お問合せ

緊急ではない問合せは、災害情報提供ダイヤルをご利用ください。119番は緊急時以外は使わないようにしましょう。他の目的で使用していると、一刻を争う緊急時の通報がつながらないことになります。

災害情報提供ダイヤル 電話番号  072-804-3145

救急医療相談  救急車を呼ぶかを迷ったときはのページへ

このページのトップへ