全国統一防火標語:おうち時間 家族で点検 火の始末

住宅用火災警報器の奏功事例を追加

住宅用火災警報器の奏功事例(事例32、33)を追加しました。

追加した奏功事例

事例32

家人が就寝中、住宅用火災警報器の警報音で「壁付きのコンセント」から出火していることに気づき、水道水をかけて消火に成功し、119番通報しました。
この火事による死傷者は出ませんでした。

事例33

家人が就寝中、ベッド の足元付近から炎が立ち上がっているのを発見し、掛布団にて消火を試みるも消えずバケツの水で消火 し 、住宅用火災警報器の警報音に気づいた妻が、早期に119番通報をしています。
なお、出火元は電気配線からでした。

住宅用火災警報器の奏功事例一覧

住宅用火災警報器について

住宅用火災警報器は、火災による被害を半減してくれます。

まだ、設置されていないご家庭は早急に設置を

すでに設置されているご家庭は、定期的な点検を

また、設置から10年をめどに交換のご検討をお願いします!

住宅用火災警報器の詳細ページはコチラをご覧ください。

住宅用火災警報器の動画はコチラをご覧ください。

また、住宅防火対策はコチラをご覧ください。

お問合せ先

予防部予防指導課
072−852−9912


このページのトップへ