全国統一防火標語:その火事を 防ぐあなたに 金メダル

救急現場に居合わせたときのために

バイスタンダーとは

救急現場に居合わせた人のことを「バイスタンダー」といいます。

救急現場において、救急通報してから救急車が到着するまでの間,バイスタンダーが心肺蘇生法等の応急手当をすることにより,命を助けることに繋がります。

応急手当の重要性

コチラをごらんください。

救命講習会について

「大切な人の命を守るために」心肺蘇生やAED(自動体外式除細動器)の使い方など正しい応急手当の知識・技術を身につけ、いざという時に慌てずに適切な応急処置ができるよう是非とも受講してください。

〜そばにいるあなたの処置で助かる命があります。〜

救命講習会の日程等について

勇気こころのカード

一刻を争う救急事案において、勇気ある行動に感謝を伝える猶予もなく救急隊が現場を離れたり、また、勇気ある行動を行って頂いたことによるバイスタンダーの精神的負担(ストレス)が非常に大きいと思われます。

そこで、当消防組合では、救急活動に協力して下さった方に対しまして感謝の気持ちを込めて「勇気こころのカード」を手渡します。

対象となる方

  1. 救急現場にて、心肺蘇生法を実施した協力者
  2. 救急現場にて、応急手当を実施した協力者
  3. 現場指揮者(救急隊長等)が手渡すことが適当と認めた協力者

“PUSH~いのちの授業”

“PUSH~いのちの授業”は、枚方、寝屋川両市の小学生を対象に授業の一環として「胸骨圧迫とAEDの取り扱いに特化した救命講習」を行うものです。

この授業を通じて、倒れている人がいれば勇気を出して駆け寄り、人を呼ぶ大切さを知ってもらい、自分の命他人の命を大切にする人に育ってほしいという想いがあります。

この講習では、一人にひとつのトレーニングキット(あっぱくんライト)を使用し、45分の授業時間内でDVDを視聴しながら実施します。

“PUSH~いのちの授業”受講者には缶バッジを配布しています。

“PUSH~いのちの授業”

バイスタンダー保険

(ページ作成中です)

お問い合わせ先

警防部救急課

電話 072−852−9918


PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページのトップへ