全国統一防火標語:お出かけは マスク戸締り 火の用心

令和4年7月の熱中症による救急搬送状況

熱中症による救急搬送人員について、令和4年7月の速報値を取りまとめましたので、その概要を公表します。

概要

令和4年7月の熱中症による救急搬送人員は127人(枚方市74人、寝屋川市53人)でした。

これは、昨年7月の救急搬送人員83人(枚方市45人、寝屋川市38人)と比べると44人増加しています。

詳細

熱中症による救急搬送状況の内訳は次のとおりです。

年齢区分別

年齢区分別では、65歳以上の高齢者が76人と最も多く、次いで成人39人、少年11人、乳幼児1人となっています。

症度別

搬送された医療機関での初診時における傷病程度別にみると、軽症(外来診療)が108人と最も多く、次いで中等症(入院診療)17人、重症が1人、死亡が1人となっています。

発生場所別、時間帯別

発生場所別では、屋内が64人、屋外が63人、時間帯では、日中(6時~17時台)が103人で夜間(18時~翌朝5時台)は24人でした。

注意ポイント

新型コロナウイルスの感染再拡大の中、8月も引き続き厳しい暑さが続くと予想されます。

熱中症警戒アラートを参考にして、こまめな水分・塩分補給と激しい運動は控え、新型コロナウイルス対策とともに熱中症対策をお願いします。

広報資料

「熱中症警戒アラート」発表時の救急車による広報

枚方寝屋川消防組合では、近畿地方で「熱中症警戒アラート」が発表された際、救急車両による広報を実施することで、市民の皆様に暑さへの「気づき」を促し、熱中症の予防行動に繋げます。

熱中症警戒アラートの情報は画像をクリックしてください。

熱中症情報

今年の救急搬送状況はコチラをご覧ください。
熱中症に関する詳しい情報はコチラをご覧ください。

お問い合わせ先

警防部救急課
電話:072-852-9918


このページのトップへ