全国統一防火標語:火を消して 不安を消して つなぐ未来

令和5年5月の熱中症による救急搬送状況

熱中症による救急搬送人員について、令和5年5月の速報値を取りまとめましたので、その概要を公表します。

概要

令和5年5月の熱中症による救急搬送人員は11人(枚方市5人、寝屋川市6人)でした。

これは、昨年5月の救急搬送人員10人(枚方市5人、寝屋川市5人)と比べると1人多くなっています。

詳細

熱中症による救急搬送状況の内訳は次のとおりです。

年齢区分別

年齢区分別では、65歳以上の高齢者が6人と最も多く、次いで少年4人となっています。

症度別

搬送された医療機関での初診時における傷病程度別にみると、軽症(外来診療)が9人と最も多く、次いで中等症(入院診療)2人となっています。

発生場所別、時間帯別

発生場所別では、屋内が5人、屋外が6人、時間帯では、日中(6時~17時台)が8人で夜間(18時~翌朝5時台)は3人でした。

注意ポイント

6月は梅雨の時期で湿度が高く、汗が蒸発しにくいため、身体に熱がこもりやすく、熱中症になりやすい時期です。また、暑さに慣れていないため熱中症には十分ご注意ください。

広報資料

「熱中症警戒アラート」発表時の救急車による広報

枚方寝屋川消防組合では、近畿地方で「熱中症警戒アラート」が発表された際、救急車両による広報を実施することで、市民の皆様に暑さへの「気づき」を促し、熱中症の予防行動に繋げます。

熱中症警戒アラートの情報は画像をクリックしてください。

熱中症情報

熱中症に関する詳しい情報はコチラをご覧ください。

お問い合わせ先

警防部救急課
電話:072-852-9918


このページのトップへ