全国統一防火標語:おうち時間 家族で点検 火の始末

夏本番を前に、熱中症にご注意ください

枚方寝屋川消防組合における令和2年5月から9月の熱中症による救急搬送人員は381人でした。

今年も5月頃から気温が上がることが予想され、熱中症リスクも高まることから、予防対策を行っていただきますようお願いします。

枚方寝屋川消防組合では、ホームページにて熱中症注意情報を広報するとともに、救急搬送状況のデータ等を随時公表します。

熱中症は予防が大切

①水分補給

のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう。また、汗をかいたら塩分をとりましょう。

②暑さを避ける

室内で熱中症となるケースもありますので、エアコン、扇風機を積極的に使いましょう。また、街中に設置されているクールスポットなどの涼しい場所を利用しましょう。

③暑さに負けない体力づくり

バランスの良い食事で体調を整え、暑さに負けない体力をつけましょう。

新型コロナウイルス感染症対策と熱中症対策

屋内での注意事項

外出自粛により、屋内で過ごす機会が多く地域の見守り頻度の減少が熱中症の発症リスクや重症度をあげるおそれがあります。高齢者や見守りが必要な方、その周りの方、皆でお互いの安全を確認しましょう。

また、エアコン・扇風機などを積極的に活用し、温度管理やエアコンの使用中もこまめな換気を心がけて下さい。

屋外での注意事項

屋外で運動する場合、暑さに体が慣れていない可能性があります。無理のない運動とこまめな水分・塩分の摂取をお願いします。

また、マスクを着用して運動する場合、熱中症のリスクが高くなりますので、人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合にはマスクを外しましょう

熱中症の応急処置

広報資料
別紙1 令和2年中熱中症による救急搬送状況
別紙2 最高気温と熱中症による搬送状況
別紙3、4 熱中症予防のポイント、応急処置
別紙5 熱中症警戒アラート

熱中症情報

熱中症に関する詳しい情報はコチラをご覧ください。

お問い合わせ先

警防部救急課
電話 072−852−9918


このページのトップへ